『♂♀あいたい club』 クロウさん


サイトPR 女性専用性感マッサージ 無料 性感エステ 名古屋 岡崎 豊田【あいたいclub クロウさん】

クロウさん
1981年生れ・T:170 体重62㌔
プロフィール
職業 整体業・リラクゼーション
現在の住所 愛知県名古屋市
出身地 鹿児島県
星座 双子座
趣味・特技 料理、マッサージ
出張地域 名古屋・岡崎・豊田


 

現役の整体師であるクロウさんは独学で性感マッサージの練習をしていたという勉強家。
「もっと多くの女性にこの気持ち良さを知ってもらいたい」という思いであいたいclubに登録されました。
整体師になる前から接客業を経験されているそうで、とても落ち着いた物腰と受け答えをされる方です。
お仕事やプライベートで多くの女性に施術してきた経験をお持ちですので、体型や経験の少なさで悩みや不安をお持ちの女性でも丁寧に優しく接して頂けると思います。
現在独身で一人暮らしをしており、お弁当のおかず作りをきっかけに、休みの日にはいろいろな料理にチャレンジしているとのこと。
家事の大変さを知ってからは主婦の女性を尊敬しているそうで、施術でも普段以上にエネルギーを注いでしまうのだとか。
基本的に平日が休みだそうですので、平日昼間~夜の施術が可能です。お住まいである名古屋市および近郊が活動地域となります。県外出張の施術も可能ということですので近県の方でも一度ご相談下さい。


(対象となる女性層は? )
20代の会社員から、主婦層まで対応可能かと感じます。お気軽にお問い合わせ下さい。
(本人からのコメント)
どんな女性にでも今までに無かった気持ち良さを感じて頂けるよう、丁寧に施術させて頂きます。お気軽にご連絡下さい!
(管理人からのコメント)
もし、24時間以内にお返事がない場合は、不着も考えられますが、一応、管理人までご連絡下さい。すぐに、メンバーさんへ連絡を取り、必ずお返事させて頂きます。


女性性感マッサージ

 

女性性感マッサージ

スケジュール表の更新がされていない場合は、現在マッサージの受付をされていない場合がございます。

 

女性性感マッサージ


■マッサージをご希望の方はログインボタンを押して
利用者登録後に発行されるパスワードを入力して下さい。

パスワードをお持ちでない方はこちら

 

 

女性性感マッサージ
 archives/今月のメッセージ
修行中の体験レポート⑤
5人目の施術
2回目の講習を受けた翌日、たまたまタイミングが合ってすぐに施術をさせて頂くことができました。
Eさんは30代後半。白いブラウスに黒いタイトスカートで待ち合わせ場所に立つ姿はちょっと古い言い方かもしれませんがバリバリのキャリアウーマン、という感じがピッタリです。すらっと伸びた脚がとても綺麗で、こんな人に施術させて頂けるのかと思うとドキドキしてしまいます。
お仕事帰りで時間があまりないということですので、シャワーもそこそこに施術に入らせて頂きました。
マッサージは大好きというEさん。試していないのは性感マッサージだけと笑っておっしゃるくらい様々な施術を受けられたことがあるそうですが、性感マッサージだけはどうしても怖さの方が先に立ってなかなか受ける機会がなかったということです。そんな方に選んで頂けたことを光栄に思いながら、まずは通常のマッサージを始めていきます。
事務職で座りっぱなしというEさんの手強い上半身のコリをほぐしながらお話を伺います。
現在は離婚されており、お子さんもいるため仕事に家事にと忙しく、恋愛はしたいと思うものの時間と機会がなかなかないとのこと。自然とセックスからは離れることになり、男性に触れられるのは久しぶりだそうです。
そういう経緯を踏まえて、性感マッサージに入ってからは触れる前にどんな風にするかを声掛けしてからゆっくりやさしく触れるように心がけました。
ソフトに全身を触っている間は目立って大きな反応はありませんが、だんだんと息遣いが大きくなっていくのが分かります。焦らずじっくりをキープしながらクリトリスへ指を這わせます。
先にオイルを垂らして性器全体にまぶしていくと、指先にオイルとは明らかに違うぬめりを感じました。しっかり感じて頂けている様子に勇気づけられます。
うつ伏せのままゆっくりとクリトリスを愛撫していくと、こらえきれなくなったのかついにEさんの口から小さな声が漏れ始めました。触り方やリズム、強弱の好みを確認しながら一番反応のいい触り方をキープしているうちに声はどんどん大きくなり、そのうちひときわ大きな声で「イクーっ!」と叫んだかと思うとEさんは全身を震わせたのでした。
次は仰向けになって頂き、休憩がてらじっくり全身を愛撫してきます。膣よりクリトリスの方が感じやすいというEさんのために、クリトリス重視の愛撫をチョイスさせて頂きました。
二回目の絶頂は両脚をピンと伸ばしたまま。三回目に膣とクリトリスを同時に愛撫した時にはEさんは自分から腰を持ち上げ、全身をビクビクと震わせて絶頂を迎えていました。
施術後横になって話を伺ったところ、なんとEさんはこれまで1回イッたら冷めてしまっていたそうです。それなのに連続で3回も絶頂を迎えられたことにとても驚いていらっしゃいました。
病みつきになっちゃうって聞いてたけど、今なら分かる気がする」と、しみじみつぶやいていた姿が印象的でした。
またぜひお願いします! と嬉しい言葉を頂いて、今回も無事に施術完了です。
なお、Eさんのお話の中で、セックスは好きなのに、男性のやり方が悪かったり、気遣いがないせいで冷めてしまいなかなか楽しめないというお悩みがありました。
今まで施術させて頂いた女性のほとんどがそういった経験をお持ちでしたので驚きこそしませんでしたが、またか、という思いで胸が痛くなりました。
そういった女性にこそ性感マッサージを受けて頂き、心の底から気持ちよさを感じて頂きたいと思います。

女性性感マッサージ
archives/今月のメッセージ
修行中の体験レポート④

4人目は、経験は豊かな方だと語る30代後半のDさん。
見た目は中肉中背で普通な感じでしたが、施術に入るととんでもない豹変をとげることになろうとは想像もつきませんでした…
仕事を終えたその足で向かってきてくれた彼女はとても疲れた顔。
このままでは施術どころではありませんので、まずはしっかりとほぐしていくことにします。
身体に触れると案の定全身ガタガタ。
肩こりと背中の固さはひどいものです。
普段お店でマッサージを受けることはあるけれど、それもずいぶん久しぶりとのこと。
現在パートナーはいないということですが、何だかんだと機会はあってご無沙汰ではないということです。
そういうあけすけな話もわりとためらいなくしてしまう、はっきりした物言いの女性です。
なんだかんだと1時間間近くほぐしていたでしょうか。
いよいよ性感マッサージに突入です。
ガウンを脱いでもらい、全身にパウダーを塗布していきます。
「あ・・・やばいかも」
えっ!?
まだ始まったばかりなのに、驚きの発言が飛び出します。
不思議に思いながら背中に手を這わせると、Dさんは全身をびくんと震わせました。
声、出ます。
びっくり大きい声出ます。
もだえます。
まっすぐ伸ばしていたはずの脚がなんか変な向きに曲がっちゃったりしてます。
そうです
Dさんは、とっても感じやすい女性だったのです!
うつ伏せでクリトリスを触っていると、
「あ・・・ごめん、出ちゃったかも」とDさん。
このタイミングで出ちゃうって、もしやアレでしょうか。
下に敷いたバスタオルを触っても特に湿り気は感じませんでしたので、続いて仰向けになってもらうことに。
そしたらもっと大変なことになりました。
Dさん、乳首がもっとも感じるポイントだったようなのです。
声がワントーン上がって、そのままブリッジしかねないくらい強烈に身体をのけぞらせます。
施術のポイントがずれないよう、必死になる私。
その後、ゆっくりと指を挿入すると・・・
膣内がひときわ大きく膨れ上がったかと思った瞬間、出ました。
俗に言う潮吹きというやつです。
まだ動かしてさえいないのに、私びっくり。
続いて横向きで指を挿入し、クリと同時に刺激を与えていると、Dさんおもむろにお尻を高く突き上げてバックの姿勢になりました。
とっさの事に私の指は挿入したまま一緒に持って行かれます。
思う所あって私はそのまま同時刺激を続行。
「すごい・・・ホントにエッチしてるみたい・・・!」
Dさんは指の動きに合わせてリズミカルに腰を前後に振ります。
私もそのリズムから外れないように指を動かします。
本当にセックスしているかのような錯覚を覚える強烈な瞬間でした。
かくして、Dさんは全身ぐったりとなるまで施術を楽しまれました。
最後に、「気持ちよかったけど、強いて言うなら触る順番が私の好みではなかった」という感想を頂きました。
触りながら敏感な場所のあたりはつけていましたが、感じるポイントや好みのヒアリングは確かに欠けていましたので、ハッとさせられました。
施術が身体に染み付いてきたら、そういったところにも気を使えるようになりたいものです。

女性性感マッサージ

2016/今月のメッセージ

修行中の体験レポート③

3人目となるCさんは、パートナーとレスになって1年。
ふっくらとした体つきと明るい雰囲気が印象的な女性です。
お昼から夕方まで時間があるということで、ゆっくり施術させて頂くことになりました。
お風呂の用意をしたところでバラの花びらを浮かべたのを見て、Cさん大はしゃぎです。
「こんなの初めて!」
ぜいたく気分を満喫して頂いた後に揉みほぐしに入ります。
全身にゆっくりと触れながらお話を伺いました。
元々エッチは大好きだというCさん。
付き合っている時からダンナさんとのエッチには思う所があったそうですが、
結婚してから回数、内容ともにどんどん薄くなっていき、
しても満足できないならいっそしないほうが、という結論に達してしまったそうです。
そんなCさんにとって、裸にガウン一枚でのマッサージは十分刺激的だったそうです。
「ガウンを脱ぐ前から焦らされているようだった」と言っていました。
性感マッサージをスタートした途端、Cさんが大きく身体を震わせて声を上げたことは言うまでもありません。
うつ伏せの状態でクリトリスを優しく指で撫でると、部屋の外にまで響き渡るような喘ぎ声が上がりました。
「指で触れられてるはずなのに、まるで舐められているみたい」とCさん。
絶妙な強さ加減がもたらす新たな感覚に夢中です。
仰向けになってからもCさんの喘ぎ声は留まるところを知りません。
乳首に触れた途端身体をのけぞらせ、指を挿入した後はもはや絶叫というレベルに達しました。
施術後、汗だくになって息も絶え絶えのCさんに腕枕をし、あれこれとお話させて頂きました。
そういう触れ合いも全くなかったそうなので、Cさんとても喜んでいらっしゃいました。
「またお願いしたいです」という嬉しいお言葉を頂き、今回も満足のうちに施術を終えることができました。

女性性感マッサージ

archives/今月のメッセージ

修行中の体験レポート②

2人目の施術
Bさん 20代半ばのまだ若い独身女性でした。
時間の都合がなかなかつかず、ようやくお会いできたのは夜遅い時間になってからでした。
事前に部屋が取れなかったため一緒にホテルに入りましたが、年齢の割に随分と落ち着いた様子。
あまり緊張されても困りますが、堂々としすぎているのもこちらが気後れしてしまいそうです。
ともあれ、準備を整えていざ施術に入ります。
まずは普通のマッサージから。
立ちっぱなしの仕事で拘束時間も長いということで、背骨沿い、腰、下半身、どこをとってもなかなかの疲れ具合です。
時間も遅いため、あまりしゃべりすぎることもなくほぐしに集中していきます。
とにかく身体が固い! 時間いっぱい揉んだって良さそうな疲れ具合に本業の整体師の血が騒ぎ出すのをぐっとこらえて、きりのいい所で性感マッサージに移行することにしました。
男性と会うのは久しぶりというBさんの肌にゆっくりと触れていきます。
事前にあまり突っ込んだ質問ができなかったため、悩んでいることや気にしていることなどは特に予備知識ゼロの状態です。
指先感覚と相手の反応だけで確かめながら進めていくのは難しいですが最も楽しい瞬間でもあります。
耳に息を吹きかけながら指先でゆっくりと背中をなぞってみれば、荒い吐息が漏れ出してきます。
反応は上々。こうなればその後の施術も楽しんで頂けることはまず間違いありません。
下半身へ移動し、足の付け根に手を伸ばせばそこはじっとりと蒸れた熱を帯びているのが分かります。
すぐにでも直接触れたい気持ちをぐっとこらえて周りから丁寧に愛撫していきます。
こらえきれないように小さく声が上がり、時折身体をびくんと大きく震わせる様子が艶めかしいことこの上ありません。
クリトリスに触れる頃にはもうびっしょりと濡れていました。
高まる気持ちが指先のリズムを狂わせようとするのを抑えながら、丁寧に丁寧に刺激を加えていきます。
仰向けになって指を挿入すると、待ち焦がれていたかのようにつるんと飲み込まれていきました。
触り方や体位を変えながら最も刺激の強いスポットを集中して愛撫すると、Bさんは最後にひときわ大きく身体をのけぞらせたのでした。
施術が終わって息を整えながらBさんがポツリと一言、「テクニシャンだね」と言ったのが印象的でした。

女性性感マッサージ

archives/今月のメッセージ

修行中の体験レポート①

講習を受けてからわずか2日後という早さで、成果を試す機会を頂きました。
お会いしたのは30代のAさん。
「地方の女子アナにいそうと言われる」というのはご自身の評価ですが、
真面目そうな顔だちと女性らしい体つきに思わず納得という感じでした。
最初はどちらかというと身体の疲れを取りたいという
普通のマッサージメインでお話を頂いておりましたが、講習の話をさせて頂くと
興味津々のご様子でしたので性感マッサージの施術もさせて頂くことに。
こちらの仕事が終わってからAさんの都合のいいエリアまで出張させて頂き、
駅で待ち合わせという流れになりました。
事務系のお仕事というAさんは慢性的な肩、背中のコリに悩まされているとの事。
まずはこれをほぐしていかないと快感を受け入れる準備ができません。
いつもなら本職で行っているマッサージの手技を使うのですが、せっかく習得したMHAマッサージを練習しないといけませんので、手順を思い出しながらの施術スタート。
揉みながらお話を伺うと、プライベートで辛い別れがあったとの事で、しばらく性的な衝動が全く無くなってしまっていたそうです。
気持ちが落ち着いてきたところで自分が不感症になってしまっていないかという不安が生まれたそうで、それが性感マッサージを受ける気持ちを後押ししたようです。
ほぐされているうちに声の緊張が取れてきたのが分かりました。
そろそろ性感マッサージに移行しても良さそうです。
お声掛けしてガウンを脱いでもらい、パウダーを塗布してからフェザータッチへと移りました。
するとどうでしょう。
耳に息を吹きかけた瞬間、切なそうな吐息が漏れ始めました。
押し殺したような低めのあえぎ声が途切れ途切れに聞こえ、官能的な雰囲気が一気に高まります。
どうやらAさんの心配は杞憂に終わりそうです。
続いて足先からじっくりと触っていくと股間の周辺は早くも熱を帯びているのが分かります。
たっぷり焦らしてからクリトリスへ手を伸ばすと、ひときわ大きな声が部屋に響き渡りました。
潤滑用に垂らしたオイルの必要がないくらい、じっとりといやらしく濡れているのが指先に伝わってきます。
もうこうなったらためらう必要はどこにもありません。
強さを確認しながら、講習で習った手技を次々に試していきます。
膣への指の挿入も痛がらず、良い反応をされてらっしゃいましたので、膣内の刺激をメインとした手技を重点的に行なっていきます。
最終的には感じすぎてストップがかかるところまで責め続け、終了となりました。
その後腕枕をしながらお話を伺うと、かなり敏感なほうで、感じすぎてしまう体質だということでした。
それなら施術時のあの反応の良さもうなずけます。
「リハビリのつもりだったので欲張りすぎました(笑)」というお言葉を後日頂きました。
講習で習ったことを100%出しきれたかというとまだまだですが、初回では十分すぎるほどの成果でした。
女性の体型、性器の位置などによって触り方も変わってくるんだなと新しい気づきもあり、有意義な時間を過ごすことができました。

サイトPR 女性専用性感マッサージ 無料 性感エステ 名古屋 岡崎 豊田【あいたいclub クロウさん】

Copyright (C) aitai club All rights reserve 更新04/29